かもねぎの株式投資

かもねぎの投資ブログ

ネギを背負って投資とゲームする鴨

企業型確定拠出年金(三井住友信託銀行)の商品の2018年リターン

 2018年の振り返りとして、今回は、私が利用している企業型確定拠出年金三井住友信託銀行)の商品について2018年の運用成績を確認しました。データはモーニングスターより引用し、参考として2014年以降の運用成績を一覧表にまとめました。

 また、元本保証型の商品(定期預金、保険商品)は除外しています。

(企業毎に商品ラインナップは異なる可能性あり

運用成績の一覧

商品名
年間リターン
2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
DC日本債券
インデックス・オープンP
4.11% 0.94% 2.87% 0.03% 0.81%
DCダイワ
海外債券インデックス
16.69% -4.75% -4.02% 4.69% -3.77%
年金インデックスファンド
日本株
10.08% 11.87% 0.10% 21.97% -16.14%
年金積立Jグロース(日興) 12.57% 17.03% -1.82% 30.58% -17.60%
ニッセイ 日本株ファンド 8.30% 12.79% 1.32% 17.85% -18.00%
三井住友・DC外国株式
インデックスファンドS
23.19% -1.35% 3.09% 18.73% -11.09%
野村 世界好配当株投信
(確定拠出年金)
22.27% -1.18% 0.49% 15.78% -11.80%
DCマイセレクションS25 7.33% 2.40% 1.95% 5.72% -3.63%
DCマイセレクションS25 9.53% 4.25% 2.14% 10.55% -7.30%
コアラップS
(分散投資コア戦略ファンドS)
8.09% -3.71% -0.60% 5.69% -7.99%

 2018年は世界的に株式が下落傾向であったため、日本債券系の商品を除いてすべてマイナスリターンとなっています。株式系については、インデックス、アクティブ運用関係なく全てマイナスであり、アクティブの方が成績悪いという結果でした。

 私は2017年頭から開始しているので、個人の通算運用成績はほぼ±0といったところです。長い目で見れば株式投資に軍配が上がると思いますので、会社止めない限りは、これまで通り積み立てていきます。

 

 信託報酬、2009~2017年のリターンについては、以下の記事に書いてます。

企業型確定拠出年金の商品紹介(三井住友信託銀行) - かもねぎの投資ブログ

 

以上