かもねぎの株式投資

かもねぎの投資ブログ

ネギを背負って投資とゲームする鴨

ウマ娘を遊べそうな低価格Android端末について検討

 タイトル通り、ウマ娘 プリティーダービーをなるべく低価格でプレイ可能なAndroid 端末について検討してみました。 

ウマ娘の推奨端末とそのスペック - かもねぎの投資ブログ
 前回の記事でも書きましたが、今使ってるコンパクトタイプのスマホ "Xperia Ace"では、まともに動作しなかったので、現在はPC版をプレイ中です。今後、外出時などにプレイしたい場面も出てくるだろうと考え、低価格でプレイ可能なAndroid 端末について検討してみました。
 iOS系は、個人的にUIに馴染めないので検討外としています。(ちなみにタブレットの場合だと、iOS系の方がコスパ断然良好です。)

 まずはじめに、動作するかどうか心配したくない、プレイ中のカクツキ等は許容できないという方は、大人しく公式推奨端末の購入をお勧めします。以下は、なるべく低価格で遊びたい人向けの内容です。

  また、今回の調査対象は、日本国内から容易に入手可能そうな端末に限りました。個人で調べた結果なので、漏れも多いかと思いますが、結果を下表にまとめました。

f:id:comenegie:20210508110654p:plain

 Androidスマホで、公式推奨端末のスペックにギリギリ届いてそうなのが、Xiaomi Redmi Note 9S、AQUOS sense4 で、3万円前後といったところです。
 Androidタブレットで、公式推奨端末のスペックにギリギリ届いてそうなのが、NEC Lavie T11 T1195/BAS(Lenovo Tab P11 Pro/xiaoxin pad pro相当)で、5.5万円程度といったところです。
 それ以外で、表に記載がある端末は、おそらくプレイ自体は可能だと思いますが、ある程度のカクツキが発生しそうです。(自分で確認してないのであくまで予想)

 個人的には、スマホはポケットに入れて持ち運びたいので、今使ってるコンパクトタイプのXperia Aceを気に入ってます。だから、スマホ買い替えではなく、タブレットを購入しようかなと思ってます。が、lavie T1195はちょっと高いなと思います。lavie T1175が、LTE対応モデルなら買いたいのですが、LTE非対応なので悩み中といったところです。

 

以上

ウマ娘の推奨端末とそのスペック

 今、人気のアプリ「ウマ娘 プリティダービー」をプレイしようとしたところ、自分のスマホXperia Ace)では起動したものの、スローモーションが頻発しました。現在は、ゲーム用PCでDMM版をプレイしている状況です。
 気になったので、ウマ娘公式サイトに記載されている推奨端末とそのスペックについて調べました。

推奨端末一覧 | ウマ娘 プリティーダービー 公式ポータルサイト|Cygames

      1. iOS版での推奨端末

        推奨環境:iOS 11.0以上
        iPhone 12シリーズ/無印/mini/Pro/Pro Max/
        iPhone SE (第2世代)
        iPhone 11シリーズ/無印/Pro/Pro Max/
        iPhone Xシリーズ/無印/Xs/Xs Max/XR/
        iPhone 8シリーズ/無印/Plus/
        iPad Proシリーズ/第3, 4世代12.9インチ/第1, 2世代11インチ/
        iPadシリーズ/第6~8世代/
        その他iPadシリーズ/Air 3,4/mini 5/

      2. Google Play版での推奨端末

        推奨環境:Android OS 6.0以上
        シャープ:AQUOSシリーズ/R2 compact/R3/R5G/zero/zero2/
        富士通:arrowsシリーズ/5G/NX9/
        SonyXperiaシリーズ/1 /1 Ⅱ/5 /5 Ⅱ/XZ3/XZ2/
           /XZ2 Premium/XZ2 Compact/XZ Premium/
        Samsung:Galaxyシリーズ/A51 5G/Note20 Ultra 5G/
             /Note10+/Note9/Note8/
                     /S20+ 5G/S20 5G/S10+/S10/S9+/S9/S8+/S8/
        GoogleGoogle Pixelシリーズ/5/4a 5G/4 XL/4/3 XL/3/3/
        ZTE:ZTE a1/Axon 10 Pro 5G/
        HTC:HTC U11
        HUAWEIHUAWEI P30 Pro
        LG:VELVET/style3/G8X ThinQ/V30+
        Xiaomi:Mi 10 Lite 5G
        OPPO:Find X2 Pro/Reno3 5G/
        ROG:PHONE 3, 2

      3. 推奨端末搭載SoCとそのスペック(Antutuスコア)

iOS
f:id:comenegie:20210505172939p:plain

Google Play
f:id:comenegie:20210505180602p:plain

 推奨端末に搭載されているSoCを上表にまとめました。表が正しければ、公式推奨端末における最低ラインのSoCは、iOS系ではA10、Android系では、Snapdragon 835, Exynos 8895となります。

telektlist.com

 各機種のベンチマークスコア(Antutuベンチマークver.8)を公開している上記サイトを参照すると、ウマ娘公式の推奨端末相当のスコアは、

総合:22.0万~26.5万、3D:6.1万~9.1万


となっています。
 推奨端末以外でも上記スコア程度のスペックであれば、ウマ娘をプレイすること自体は可能と思われます。(ただし、公式の動作保証外)
 ちなみに私が使っているXperia AceのSoCは、Snapdragon630であり、上記ベンチマークスコアは、総合:11.0万、3D:1.7万と完全に能力不足でした。この程度のスペックでは、起動自体は可能でも、まとなプレイは不可です。参考までに。

 

以上

企業型確定拠出年金(三井住友信託銀行)で選択可能な商品のリターン 過去5年間(2016~2020年)

 2020年の振り返りとして、私が利用している企業型確定拠出年金三井住友信託銀行)で選択可能な商品について、過去5年間(2016~2020年)の運用成績を確認しました。その結果を下表にまとめました。

データはモーニングスターより引用。また、商品ラインナップは企業毎に異なる可能性あり。

 f:id:comenegie:20210502150604p:plain

 2018年は世界的に株式が下落傾向であったため、日本債券系の商品を除いてすべてマイナスリターンとなっています。2018年を除くと、株式が右肩上がりの時期が続いたため、株式型のリターンは全体的に良好な結果となっています。

 また、過去5年間において、日本株式アクティブタイプの日興 年金積立Jグロースのリターンが、インデックスタイプ(TOPIX連動型)よりも良い結果となっています。手数料考慮しても良さそうなのが意外でした。(私個人はインデックス派)

 

 個人としての通算運用成績は、2017年初頭から使用開始しているため、トータルでプラスになっています。コロナで勤務先の業績も先行も微妙な感じですが、とりあえず、これまで通り積み立てていくつもりです。

 

  信託報酬、2009~2017年のリターンについては、以下の記事に書いてます。

企業型確定拠出年金の商品紹介(三井住友信託銀行) - かもねぎの投資ブログ

 

以上

 

久しぶりの更新、2021年4月末の資産配分/リスク資産ポートフォリオ

 諸事情につき完全放置してましたが、コロナで暇なGWに突入したため、資産運用の結果まとめついでに、2年振りにブログ更新します。(自分のため)

2021年4月末の資産配分

 2021年に入ってから、米国債ETFおよび国内個別株式(1社)の購入を行いました。

 この取引に伴い、資産配分における債券比率が約6%→12%へと上昇、株式比率も約24→28%へと上昇、現金比率は約7割→6割まで低下しました。(株式比率上昇については、新規購入+保有分値上がりの両方の影響あり。)  

f:id:comenegie:20210502113323p:plain

 米国10年債の利回りが年初の0.9%から1.6%程度まで上昇しているので、債券の買い時かなと思い、購入し始めました。もう一段階上昇したら更に買い増したいと思います。

2021年4月末のリスク資産ポートフォリオ

f:id:comenegie:20210502113054p:plain

  今年に入ってから購入した債券ETFは、VGSHおよびVGLTの2つです。

 また、国内個別株式としては、サイバーエージェント(4751)を購入しました。4751を購入した理由は、スマホ向けアプリ「ウマ娘」の高い人気です。私もプレイして面白かったです。また、アプリとしての完成度も高いと感じたため、株購入しました。4/28発表の四半期決算内容も良かったので一安心です。ウマ娘に飽きるまでホールドしようかと思います。

 ちなみに「ウマ娘」の開発元はサイゲームズであり、サイバーエージェントの子会社です。サイバーエージェントはゲーム以外の事業も抱えているので油断は禁物かもしれません。

 

 

以上

企業型確定拠出年金(三井住友信託銀行)の商品の2018年リターン

 2018年の振り返りとして、今回は、私が利用している企業型確定拠出年金三井住友信託銀行)の商品について2018年の運用成績を確認しました。データはモーニングスターより引用し、参考として2014年以降の運用成績を一覧表にまとめました。

 また、元本保証型の商品(定期預金、保険商品)は除外しています。

(企業毎に商品ラインナップは異なる可能性あり

運用成績の一覧

商品名
年間リターン
2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
DC日本債券
インデックス・オープンP
4.11% 0.94% 2.87% 0.03% 0.81%
DCダイワ
海外債券インデックス
16.69% -4.75% -4.02% 4.69% -3.77%
年金インデックスファンド
日本株
10.08% 11.87% 0.10% 21.97% -16.14%
年金積立Jグロース(日興) 12.57% 17.03% -1.82% 30.58% -17.60%
ニッセイ 日本株ファンド 8.30% 12.79% 1.32% 17.85% -18.00%
三井住友・DC外国株式
インデックスファンドS
23.19% -1.35% 3.09% 18.73% -11.09%
野村 世界好配当株投信
(確定拠出年金)
22.27% -1.18% 0.49% 15.78% -11.80%
DCマイセレクションS25 7.33% 2.40% 1.95% 5.72% -3.63%
DCマイセレクションS25 9.53% 4.25% 2.14% 10.55% -7.30%
コアラップS
(分散投資コア戦略ファンドS)
8.09% -3.71% -0.60% 5.69% -7.99%

 2018年は世界的に株式が下落傾向であったため、日本債券系の商品を除いてすべてマイナスリターンとなっています。株式系については、インデックス、アクティブ運用関係なく全てマイナスであり、アクティブの方が成績悪いという結果でした。

 私は2017年頭から開始しているので、個人の通算運用成績はほぼ±0といったところです。長い目で見れば株式投資に軍配が上がると思いますので、会社止めない限りは、これまで通り積み立てていきます。

 

 信託報酬、2009~2017年のリターンについては、以下の記事に書いてます。

企業型確定拠出年金の商品紹介(三井住友信託銀行) - かもねぎの投資ブログ

 

以上

2019年1月末の資産配分/リスク資産ポートフォリオ

2019年1月末の資産配分

 2019年に入って一カ月経ちましたが、今のところ、個別株やETFの取引は行っていません。しかし、米国株が少し持ち返したため、資産配分比率の株式比率が上昇しております。現状の資産配分は、現金:債券+株式≒7:3になっています。

(グラフは円建てで計算)

f:id:comenegie:20190202225619p:plain

 今後は米国国債ETF(長期、中期)を定期的に購入していき、現状7割の現金比率を下げていきたいと思います。円高が進んでくれれば、迷うことなくドル転して債券に突っ込みたいです。株価も勢いよく下がるなら追加購入しようかと考えてます。

2019年1月末のリスク資産ポートフォリオ

  今年に入ってから売買していないので、リスク資産ポートフォリオに大きな変化はありません。VOOの比率が上がって、ATVIの比率が少し下がった位です。

f:id:comenegie:20190202225917p:plain

 唯一の個別株銘柄ATVI(Activision Blizzard)に関しては、2月12日に決算発表予定です。COD:BO4は売れたと思うんですが、決算内容はどうなることやら。

Access Accepted第601回:欧米最大のパブリッシャActivision Blizzard,最近の気になる動き - 4Gamer.net

期待せずにホールドしてみようかと思います。

 2019年のATVIにとって明るいニュースがあるとすれば、Warcraft Ⅲのリマスター版、Diablo Immortal(スマホゲー)でしょうか。Diablo Immortalとは別のDiabloプロジェクト(Diablo4?)も進行中とのこと。

傑作RTSが復活を果たすリマスター「Warcraft III: Reforged」のベータテストが来年初頭に実施か、BlizzardのPete Stilwell氏が予告 « doope! 国内外のゲーム情報サイト

 Diablo Immortalは一見するとDiablo3のスマホ版なのかも

ディアブロ イモータル™

別の Diablo プロジェクトはまだまだ開発途中の様子

Blizzardが『Diablo』未発表作品の開発者を募集中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

 

以上

2018年12月末の資産配分/リスク資産ポートフォリオ

2018年12月末の資産配分

 しばらくブログ放置していたので、今更ながら2018年12月末の資産配分データを更新します。

 12月は少し多めに米国債ETFを購入しました。これに伴い、資産配分における債券比率が上昇しました。個別株、株式ETFの取引は行っていませんが、価格下落と債券ETF購入によって株式比率が低下しております。

 年間で見ると、現金比率はほぼ7割前後で、個別株売却+株価低下に伴い株式比率が低下した分だけ債券を購入したという一年でした。

(グラフは円建てで計算)

f:id:comenegie:20190202184524p:plain

 当面の予定:株を買い増しするならVOOかVTIとします。債券ETFは定期的に買い増ししていきます。円高が進めば、積極的にドル転して債券ETFに突っ込もうかと考えています。

 株価が上がっても、下がっても大きな痛手を負わないような資産配分を目指します。

2018年12月末のリスク資産ポートフォリオ

  12月に購入した債券ETFは、米国中期国債ETFであるVGITです。それなりの比率となるよう金額を決めました。個別株のATVIは値下がりしたため比率が低下しています。

f:id:comenegie:20190202184753p:plain

 唯一の個別株銘柄ATVI(Activision Blizzard)に関しては、しばらくホールドしようと以前書きましたが、以降、あまり良くないニュースしか聞こえてこないです。売り時を逃してしまった感がありますが、額も小さいので趣味枠として持って置こうかと思います。(含み損に耐える練習として)

2018年振り返り

f:id:comenegie:20190203085827p:plain

 2018年1月初のポートフォリオは上図の通りでした。

 今振り返ると危ない個別株ばっかり持ってたなという印象です。先ほど破産法適用の申請を行ったPCG(PG&E)、株価が一時10ドル下回ったGEは、早めに損切して正解でした。ATVIも下がる一方ですが、これだけは趣味枠としてホールド中です。

モーニングスター 米国株式情報

 2018年投資行動の反省点は、良く分からない、興味ない会社の個別株は買わない方が良いという当たり前の結論でした。やっぱりインデックス投資主体にしていきます。

 

以上