かもねぎの投資ブログ

ネギを背負って投資とゲームする鴨

インテル 2018Q1決算

 インテル(INTC)の2018 Q1決算発表が4/26にありました。遅くなりましたが、おさらいです。*予想値はYahoo! Financeより引用

 EPSは、予想$0.72に対して、実績$0.87でした。売上高は、$16.1Bで前年同期比+9%でした。PC向けが前年同期比+3%に対して、データーセンター向けが前年同期比+24%という事で、データーセンター向けが好調です。良い決算内容に見えます。

 一方、決算資料中で、10nmプロセスCPUの本格的な販売は2019年に延期との記述がありました。

  これに関連するのだと思いますが、AMDからジム・ケラーというエンジニアを引き抜いたというニュースが最近流れてました。このジム・ケラーという人物は最近AMDが息を吹き返すきっかけとなったRyzenを設計したエンジニアです。ということで、インテルの10nmプロセスCPUに期待して、ホールドです。

ジム・ケラー - Wikipedia