かもねぎの投資ブログ

ネギを背負って投資とゲームする鴨

ゲームPC用パーツ銘柄

  最新のPCゲームをプレイする場合、PCにはそれなりのスペックが要求されます。そのため、PCパーツ情報は普段から少し気にかけています。

 特に注目するパーツは、CPU、GPUSSDマザーボードです。これらの製造メーカーとしては、米国、台湾、韓国メーカーしかいないという印象です。日本メーカーではSSD用NANDメモリの東芝のみといったところです。

 CPU:インテルAMD

 GPUNVIDIAAMD(ATI)

 SSDインテルサムスン、その他

 マザーボードASUSGIGABYTE、ASRock、MSI(いずれも台湾)

PCパーツ銘柄の購入候補

 CPUは昨日お話ししたので省略。

 GPUは現状ではNVIDIA Geforceシリーズの一強、5年前であればATI Radeonシリーズも選択肢に入りましたが、PC用途としては低調気味です。最近は人口知能、仮想通貨マイニング用にGPUが使われてるためGPU価格が高止まりしており、PCゲーマーとしては有難迷惑です。NVIDIA株価も高値感があり今のところ食指が動きません。

 SSDマザーボードで名前の上がってるサムスンと台湾勢は、この分野では当面強いと思います。個別株としてではなく、韓国or台湾ETFでの購入はアリかなと思ってます。

 日本メーカーは、私がPCゲームを始めた15年前の時点でHDD、光学ドライブ、メモリ分野で良くて2, 3番手位という印象で、日本メーカーの存在感は当時からありませんでした。ということもあって、日本株にはあまり期待してません。

  ということで、PCパーツ銘柄として購入するなら、暴落後のNVIDIA、韓国ETF、台湾ETFかなと思ってます。資産に余裕あれば近いうちにETFは購入するかもというところです。